ecoalcard 
イコール5の遊び方
○ 人数
 2~6人
○ 使用カード
 表面:0~9までの数字カードが4色1枚ずつの計40枚
     「+」「-」「×」「÷」の4つの文字カードが4色1枚ずつの計16枚
     「FREE(+、-、×、÷)」の文字カードが1色2枚
 裏面:全てのカードが「=」の文字で同色の計58枚
○ 目的
 より強い等式をつくる
※ カードの強い順番は×、÷、+、-、9…0、99>-9
  色の強い順番は オレンジ、ブルー、イエロー、グリーン
※ 同じ等式を持った人が何人もいる場合には、まず、カードの順位の高い方を勝ちとして、それでも同じ場合には色の順位の高い方を勝ちとします。
※ 等式の例を強い順に説明します
  1) イコールフラッシュ …… 1+6=7 > 6÷2=3 > 8-5=3
    同色のカードで等式をつくったものです。
  2) イコール4カード …… 77=77 > 11=11 > 00=00
    同位のカード4枚で等式をつくったものです。
  3) イコール3カード …… 1×1=1 > 1÷1=1 > 0-0=0
    同位のカード3枚で等式をつくたものです。
  4) イコール2ペア …… 19=19 > +1=+1 > -1=-1
    2枚づつの同位のカード2組で等式をつくったものです。
  5) イコール1ペア …… 3×3=9 > 3+3=6 > 9-3=6
    同位のカード2枚で等式をつくったものです。
  6) イコール …… 2+6=8 > 2×3=6 > 8-2=6
    等式をつくったものです。
○ 遊び方 イコール5(手持ち5枚の札の中から、1枚だけ裏返して等式を完成させて遊ぶゲームです) 
  1) 親は、よく切ったカードを左側の人から順番に1枚づつ伏せながら手持ちのカードが5枚づつになるように配ります。残りはストックとして伏せたまま場に残します。
  2) 親の左側の人から、より強い等式をつくるために手札の不要なカードを場に伏せて出し、その捨てた枚数だけストックから引きます。そして、それぞれ新しい手札を検討します。(プレイヤーから「イコール」の宣言があるまで繰り返し行います。ストックカードが無くなった場合は、捨て札を集めてから、よく切って使ってください)
  3) 手持ちの札5枚の中から1枚だけ、裏面を使って等式を完成させることが出来た人は、自分の番の時に「イコール」と宣言します。
  4) プレイヤーの中から「イコール」の宣言があった場合、その他のプレイヤーは1回づつ手札を交換することができます。
  5) 全員が手札を交換したら、各プレイヤーは自分の手札を公開し、他のプレイヤーの手札と比べます。その中で最強の等式を持っている人が勝ちとなります。
 どのカードを裏返して使えばより強い等式をつくれるのか迷うところに、今までのカードゲームでは味わうことのできなかった面白みがあります。